8/28

旅行中に撮った写真が現像できたんだけど、
普通の使い捨てカメラで撮ったのに、トイカメラみたいな写り!
ふちのほうが暗い色になってたり、空が不思議な色をしてたり。
こんなことってあるんだね。



8/28

以前から、外出先で嫌なことがあると
「あー、おうちに帰りたい」としょっちゅう思ってましたが、
最近ではおうちにいるときでも
「あー、おうちに帰りたい」と思うようになりました。
律のおうちはどこにあるの?



8/28

案の定、パーマは一ヶ月で落ちてしまった。

恋人には「髪の毛傷んでるんだから短くしなさい」と、何度も言われています。
ので、きのう美容院に予約の電話入れました。
しかもケラスターゼと、パンテーンクリニケアと、
モッズヘアのカラーヘア用シャンプー買ってきました…。
これから本気でヘアケア頑張ろうかと…!

「宝石を溶かし込んだように、キラキラ輝く髪の毛」になりたいです。
確か、村上春樹の小説のなかにあった表現。



8/24



krasoの秋冬号見てたら素敵なの発見!
想いをつなぎ合わせる 乙女のとっておきを集めたコラージュセットの会」というシリーズ。
めずらしい紙質の封筒や便せん、レースペーパーやリボンなどなど、
お店ではちょっと見かけない、かわいい紙モノをセットにしたもの、らしい。
確かにこれ見てるとコラージュ欲がムクムクと…!
しかもm&m&m'sがサンプルを作ってます。
キャンバスにぺたぺたコラージュしたサンプルがあって、
そのアイディアもらい!と思った。
部屋に飾ったらぜったいかわいい。

ちなみに下の画像は、m&m&m'sのご祝儀袋。

  



8/24



フランス土産のハチミツ。
パッケージがすき。
ハチミツってフランス語でmielっていうんですね。

前にどこかで聞いた、
「メイクの達人はグロスの代わりにハチミツをくちびるに塗る」
ってこと、ふと思い出した。
私も真似して塗ってみたんですが、うまくいかないね。
甘い味がするから、ついペロペロ舐めちゃう。



8/21

:::ヨーロッパ旅行記:::

イタリアのユーロスター(新幹線みたいなもの)の車内にて。

私は女子トイレの前に並んでいたんですが、
男子トイレの前にも人が並んでいて、中に入ってる人がなかなか出てこない。
「男なのにずいぶん遅いんだなー…」と思ってると、
男の人が息切れしながら出てきました。
そのときは「お腹痛くて息切れしてたのかな」と思ったんですが。
しばらくしたらもう一人、男の人が出てきた…!!
トイレのなかに男がふたりってどういうこと?
しかもさっき息切れしてたのは?ぎゃー



8/18

久々に会った友達に
「律ちゃんって、会う度に身長伸びてる気がするんだけど」
と言われました。
私もう二十一歳なんだけど…いまだ成長期?



8/18

:::ヨーロッパ旅行記:::

フィレンツェはやっぱりドゥオーモが一番良かったです。
映画「冷静と情熱のあいだ」に出てたアレです。
で、クーポラ(丸屋根)に登ったんですが、
階段が何段もあるし狭いし暑いし…という感じで結構しんどいです。
ゼェハァ言いながら登りました。
でも上まで登りきると、目の前に一気にフィレンツェの町並みが広がってて、
ほんと感動…!
本当に、すべての建物の屋根がオレンジ色!
いろんな観光名所に展望台ってあるけど、
ドゥオーモから見たフィレンツェの町並みが、世界中で一番美しいんじゃないかなぁ、
と思っちゃうほど。
風が涼しくて気持ちいいので、しばらく座って町並みを眺めてました。



8/18

:::ヨーロッパ旅行記:::

ローマのテルミニ駅に降り立ち、「ここがローマか…!」とドキドキしてる瞬間。
頭に「ビチャッ」といやぁな感触。
まさか…!と思い頭上を見ると、たくさんハトが飛んでました。
やられたー!
私、ハトにフン落とされたの初めてなんですけど!しかもローマで!
まあ夜なので目立たないと思って、フンつけたままホテルまで行きましたけどね…。

でも観光地って絶対ハトがいるんですよねー…。
しかも観光客が大量にエサまいてたりして。(ヤメテー)
それからはハトに怯える毎日でした。



8/18

:::ヨーロッパ旅行記:::

ずっとフランスの話ばかりしてたので、今度はイタリアの話を。

イタリアはやっぱり料理が美味しかったです!
が、ちゃんとお店を選ばないで適当なレストランで食べたりすると、
大抵マズイですね…。
友達が食べてたスパゲティなんて、麺がのびきっちゃってて
「これのどこがアルデンテ…?」というひどい状態。

逆に、結構お客さんが入ってそうなレストランで食べるとすっごく美味しい。
特に、ピッツァ、スパゲティボロネーゼ、パンナコッタ、ジェラートなんかが気に入りました。
ジェラート(チョコレート系のやつ)は美味しすぎて、
次の日また同じお店に食べに行っちゃうほど。

あとティラミスは3回食べたんですが、どこもイマイチでした。
うーん、運が悪かったのかな。



8/17

再びフランスに行きたくって、もううずうずしてます。
今回フランスにはたった3日間しかいられなかったので。
いつか1ヶ月くらい滞在したいなぁ。
暮らすように旅したい。

フランスでやりたいことリスト
・蚤の市
・かわいい雑貨屋さんと服屋さんめぐり
・モンサンミッシェル
・森や墓地でおさんぽ
・古城を改装したホテルに泊まる
・日本人街
・町なかの市場
・カタコンブ
・オペラガルニエ
・エッフェル塔、サントシャペル、オルセー美術館再来
・エッフェル塔の中の郵便局からエアメールを送る
(エッフェル塔の消印を押してくれるらしい)

…あーもう、多すぎてきりがないよ。



8/17

ビレッジで「パリの友達」(著者:ナツヨウコ、やまだないと)購入。
今まで図書館で借りてきて何回か読んだんだけど、
やっぱり大好きな本は手元に置いておくべきだと思って。

この本は、パリの住んでる日本人の女の子の物語なんだけど、
ディティールが細かく書いてあるのでガイドブック代わりにもなるという優れもの。
やまだないとの挿絵もすてきだし。

実際にパリに行ってから読むと、また違った意味で楽しめますね!



8/17

 

「ハッピークッキー」(著者:sweets maniac)読了。
カラフルなアイシングクッキーの本です。
可愛らしいクッキーばかりなんですが、
中でも、レース模様クッキーとお星様クッキーが気に入りました。
レース模様のクッキーとか、ほんとう繊細な模様でうっとり。

お星様クッキーは、クリスマスかバレンタインデーに恋人に作ってあげたいなぁ、と思いました。
(ちょっと気が早いね)
星型クッキーの上にピンクと水色のアイシングを塗って、
グラニュー糖ふりかけてキラキラさせて。
ところどころにアラザン乗せたりして。
クッキーの端っこに穴ぼこ開けて、そこから綺麗な色のリボンを通して。
こういうのって考えるだけでうきうきするよ!



8/16

:::ヨーロッパ旅行記:::



サント・シャペルですが、本当期待してた以上によかったです!
ほんと、宝石箱の中に入り込んじゃったみたい。
「ステンドグラスの鳥かご」とは、よく言ったもんだなぁ…。
シャンデリアもいい具合に光っててすてきだったし。
しばらく椅子に座って、ぼけーっとステンドグラスを眺めてました。
サント・シャペルを丸ごと、日本に持って帰りたかった…。

今度は絶対、快晴の日に行きたいです!



8/16

:::ヨーロッパ旅行記:::

パリのメトロの車内(!)で、アコーディオン弾いてるおじいさんがいて、なんだか和みました。
あとオーボエ吹いてる若者とか。
こういうの、日本だと考えられないよね。



8/16

:::ヨーロッパ旅行記:::

エールフランスの客室乗務員さんがとってもかっこよかったです。
アントニオ・バンデラスそっくりの濃ゆい顔!
バンデラスって俳優業と掛け持ちで、客室乗務員もやってたんだぁ…(妄想)
しかもその人に「マドモワゼル」と呼ばれちゃって、内心大興奮でした。きゃあ!



8/16

:::ヨーロッパ旅行記:::

シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内に向かうバスの中で気持ち悪くなっちゃって、
ほんとピンチでした。
「大人になっても車酔いでゲロかよ…しかも憧れのパリで…勘弁してくれ!」
と思いつつ必死で吐き気を抑え、なんとかやり過ごしました。
危なかったー…。
酔い止め飲むの、忘れちゃだめですね。



8/16



Petit Marcheシリーズのもの、結局フタ付きマグカップをペアで購入しました!
フタ取っちゃうとシンプルになりすぎちゃうのが難点だけど。
でも茶漉しがついてるので、ちょっと便利!
もったいなくて、まだ使えてません。



8/16

:::ヨーロッパ旅行記:::

パリのカフェにて。
「紙袋(フランスパンが少し飛び出てる)をかかえ、
モンマルトルの石畳の上を歩いている自分」を妄想していたら、
友達がひとこと「律っちゃんなに妄想してるの?」と。
かなーりびっくりした。
(一瞬、こいつ私の心の中が読めるのか?と思った)

そこで初めて知ったんですが、私って妄想してるときうっすら笑ってるらしいです。
ものすごくショック…。
これからは気をつけないとね…!!



8/12

:::ヨーロッパ旅行記:::



モンマルトルにあるアメリのカフェ(ドゥ・ムーラン)に行ったんですが、
やっぱり映画のイメージそのまんまってわけにはいかないね。
ジョルジェットの煙草売り場がなかったし、
床には煙草の吸殻がたくさん落ちてて汚いし、
トイレのドアには観光客の落書きがあったし…。
私は映画のアメリがだいすきだから、ちょっと期待しすぎてたのかも。
まあ実際の場所に行けたので、よしとします。

「アメリ・プーランのクレームブリュレ」を食べたんですが、
激甘すぎて1/3くらいしか食べられませんでした。
お砂糖の味しかしないよ…!しょんぼり。
友達が食べてたフライドポテトは普通においしかったよ。

でもサクレクール寺院の前にあるメリーゴーランドはかわいかったから満足!
サクレクール寺院に続く階段も、雰囲気があってすてきです。
このへんでアメリとニノが追いかけっこしたんだよね。



8/12

昨日やっと、予約してたYUKIちゃんのCDを取りに行ってきました!きゃっほう!

それにしてもCD屋の店員さんの髪型がすごく好みでした。
顔周りの髪の毛だけ長くなってて、他の髪の毛はおかっぱ風ボブみたいな…。
前下がりのボブとも、ちょっと違う感じです。
うーん、うまく説明できないや。



8/11

フランスは結構寒かったので、パリジェンヌ達はすっかり秋の装いでした。
ふわふわのファーベストに、ジーンズをブーツイン!みたいなファッション。
日本の女の子達とはまた違った雰囲気のファッションでかわいかったです。
ちなみに律の格好はというと、Tシャツ(ちょっとはおしゃれなやつだよ…!)にボーイフレンドジーンズにぺたんこサンダルにななめがけバッグ…。
いけてねー…。

日本に帰ってきたら秋ファッションがすごくしたくなって、
さっそく本屋さんにファッション雑誌を買いに行きました。
セダとジルとPSで迷ったんですが、パリ特集が載ってたPSに決めました。

ああもう私ったらすっかりフランスかぶれだよ。
自分がちょっとキモイよ。



8/11



絵本「ビロードのうさぎ」読了。
(著者:マージェリィWビアンコ 抄訳・イラスト:酒井駒子)
ふっくらした体にピンクサテンの耳、水色のリボン、緑の瞳のビロードうさぎ。
ビロードのうさぎが健気でいじらしくって、とにかくかわいい…!

はじめは表紙のイラストとタイトルが気に入って読み始めたんですが、
ストーリーもすごくよかった!
絵本読んで号泣したのってはじめてかも。

これを読んだら、自分のちいさな頃の記憶がフラッシュバック。
あのときお気に入りだった黒いうさぎのぬいぐるみ(水色のタグがついてる)は、
ほんとうのうさぎになれたのかなー…とか、考えちゃうね。

将来子供ができたら、この本をたくさん読み聞かせてあげたい。絶対。




次に読みたい絵本は、同じく酒井駒子さんの「金曜日の砂糖ちゃん」
こちらもタイトルが素敵だし、女の子の頭の上にお花や蝶々や鳥さんが乗ってるのもツボ!



8/11

 

暇つぶしにふらりと寄った雑貨屋さんで、Petit Marcheシリーズの雑貨を発見!
なにこれ!かわいい…!!ボンヌママンのジャムにそっくり!
下の記事を書いた直後だったので(ほんとに)ちょっと運命的なものを感じちゃったよ。

どれかひとつ買おうと思ったんだけど、迷いすぎて決められませんでした。
・普通のマグカップ
・フタ付きマグカップ
・カフェオレボウル
・プレート
候補はこの4つです。

しかも赤チェック×イチゴ柄と、緑チェック×チェリー柄のどっちにするかでも迷ってます。
これはペアで買うべき?



8/11



エヘヘ!
フランスのスーパーで、クリスティーヌ・フェルベールのコンフィチュール買っちゃいました☆
この、赤いドットの布に白いリボンっていうのに憧れてたんです。
いろんな種類があって目移りしたんですが
結局、一番無難そうなイチゴジャムを選びました。
今調べてみたら「アルザスの森のイチゴ」っていうものらしいです。
瓶にFraises mara des boisって書いてある。
おしゃれな名前だなぁ…!

なかにはイチゴがぎっしり詰まってて美味しそうです。
食べるの楽しみだな!



フランスのジャムといえば、Bonne Mamanのほうが日本では有名だね。
こちらはギンガムチェックのフタがかわいらしい!



8/11

DIONで「乳首が見えるアニメ」で検索してここまで来た奴!
どこのどいつだ!
そんなフレーズでここのページがひっかかるだなんて、びっくりしたよ。
お目当てのエロイのがここになくて、ごめんよ。



8/11

:::ヨーロッパ旅行記:::

ベルサイユ宮殿、すごく興奮しちゃった。
「ここ、映画のマリーアントワネットに出てた!」みたいな場所が何箇所もありました。
今でもマリーアントワネットがベルサイユを歩いてるような気がした。(妄想だけど)
マリーアントワネットが寝てた(と思われる)ベッドがかわいらしかった!
ピンクっぽい花柄の、お姫様ベッド。
鏡の回廊も、ゴージャスなシャンデリアがいっぱいぶら下ってて綺麗…!
庭もよくお手入れされてて綺麗だし。
こてこてなロココ調の家具もかわいいし。
逆に、プチトリアノンは素朴なかわいさがあって良かったなー。
池には白鳥が二羽泳いでました。

あーこの感動をうまく文章にできないのがもどかしいな。


 

ベルサイユ宮殿で好みのお土産が売ってたので、ついいくつも買っちゃいました。
どれもピンク色で、いろんなドレスのマリーアントワネットのイラストがついててすてき!
ポストカード、しおり、メモ帳、ハートの形の缶。
ハート形の缶の中には、これまたハート形のピンクのせっけん(バラの香りつき!)が入ってるの。



8/10

恋人と、自動販売機の前で。

恋人「今はジュース買うのも120円なんだよなー。昔は100円だったのに」
自分「私、110円だった頃しか知らないよ」
恋人「昔は消費税もなかったんだよ」
自分「3%だった頃しか知らない」

恋人:30歳
自分:21歳

歳の差をすげー感じた。



8/10



旅行から帰ってきて、アンテナチェックしてみたら、
ちゃんと「しっぽでごめんね」の画像が表示されるようになってた!
もう1年以上、アンテナに無視され続けてたのに…!!



8/10

:::ヨーロッパ旅行記:::

夕ご飯をシャンゼリゼ大通りのカフェで食べたんですが、すごく気分よかった!
窓から凱旋門が見えるの。
ショコラとクロック・マダムとオニオングラタンスープを食べたんですが、
どれも美味しかった!!
ショコラは甘さ控えめで、上にホイップクリームがぐるぐる巻きに乗ってて、おいちい。
クロック・マダムとは、食パンにハムとチーズを挟み、上にグリュイエールチーズを乗せて焼き、さらに目玉焼きを乗せたもの、らしい。
(ちなみに、目玉焼きがないと「クロック・ムッシュー」なの。名前がおもしろい)



8/10

:::ヨーロッパ旅行記:::

パリの街を歩くときとか、もうドキドキしちゃった!
だって、映画とかでずっと憧れてたパリだよ…!
私ったらパリジェンヌの仲間入りじゃん!とか思った。(ただの旅行者なのに)

エッフェル塔は遠目で見るとおしゃれな感じですが、近くで見るとなんとなくグロイです。
鉄の塊って感じで。
しかも雨が降っていたので、最上階まで登ったのに霧でほとんど景色が見えない!ショック…。
いつか、晴天の日にパリの街を上から見てみたいな!



エッフェル塔グッツ、いろいろ買い込みましたよ。
キーホルダーに置物、ポストカード…。
このベタな感じがかわいらしいです。
安いお店でエッフェル塔の置物買ったら、made in chinaのシールが貼ってありました。
キニシナイ!
しかもパリジェンヌは絶対、エッフェル塔グッツなんて買わないだろうけど。
キニシナイ!



8/10

ただいまなさい!
イタリアとフランス旅行から、きのう帰ってきました。
ちょっとした旅行記を書いていこうと思うんだけど、
なにから書いていいかわかんないなー。
これから気が向いたときにつらつら書いていこうと思います。

帰り、フランスの空港でちょっと怖いことがありました。
バゲージの中に爆弾が仕掛けられてたらしくて、
爆弾が解除されるまで空港の中が通行止めに…!
言葉が通じない上に、こういう事件が起きると一気に不安になる…。
普段日本にいると平和なことに慣れちゃってるからね。